子ども食堂とは

子ども食堂とは、地域の中で開催され、子どもが一人でも安心して参加して、みんなと食事ができる民間発の取り組みです。多くの子ども食堂は、その地域の住民やボランティアの方々が運営しており、無料もしくは低額で食事をすることができます。子ども食堂がメディアに出てきた最初期には「貧困対策」や「孤食対策」といった面が大きくクローズアップされましたが、現在の子ども食堂は対象を必ずしも子どもに限らず、親子で利用したり、大人の参加も可能であったり、地域の総合的なつどいの場として、コミュニケーションを広げる居場所として機能しています。

子ども食堂の目的

子ども食堂は全国色々な場所で開催されており、その開催形態も様々です。しかし、開催目的については多くの食堂が同様の目的を共有しています。子ども食堂の開催目的は大きく以下の5つに分けられます。
①子どもの貧困・栄養不足に対する支援
②子どもの孤食に対する支援
③子どもの教育支援
④地域交流拠点・居場所づくり
⑤地域住民間・多世代交流の機会設置

令和元年度 社協子ども食堂開催報告

蟹江町社会福祉協議会では、令和元年12月25日(水)に子ども食堂を開催しました。今回の子ども食堂は、蟹江町内の各所で子ども食堂を開催している「非営利団体ONiGiRi」さんと協力し、100名を超える参加者の子どもたちと食事やケーキ作りを行いました。



令和2年度 社協子ども食堂開催予定

令和2年度の「社協子ども食堂」は以下の日程での開催を予定しています。

開催日時 間場 所参加費
7月28日(火)中止10:00~多世代交流施設200円
12月25日(金)10:00~多世代交流施設200円