ボランティア活動について話し合おう!

7月からボランティア交流会を毎月1回、まちなか交流センターで行います。新たな発見やつながりができるかもしれません。ぜひご参加ください。

ひにち

テーマ
第4回 平成29年7月28日(金)
『ボランティアの拠点としての多世代交流施設に望むこと』
第5回 平成29年8月25日(金)
『ボランティア活動の最初の一歩を踏み出すために』
第6回 平成29年9月22日(金)
『ボランティア活動を楽しみながら続けるには』
時 間午後1時30分から午後3時30分
会 場まちなか交流センター「楽人」
対 象主に蟹江町内で活動しているボランティアグループと個人
定 員各回15名
参加費ひとり100円(お茶代)
申込み各回の1週間前までに蟹江町社会福祉協議会へ
TEL:(0567)96-2940

ボランティア交流会とは
ボランティアさんから「他のボランティアさんと交流を持ちたい」とお話しいただいたことをきっかけに、ボランティア活動者がお互いの活動を知り、つながりが生まれる事を願って今まで3回の交流会を行いました。毎回新たなメンバーが加わってボランティア活動について話し合っています。



平成29年4月に介護予防・日常生活支援総合事業が開始されることに伴い、支えあいのある地域づくりを推進することを目的として、高齢者の方が住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らすための生活の支援について学ぶ「地域支え合いサポーター養成講座」を開催いたします。この機会にぜひご参加ください。

日 時11月29日(木)~30日(金)午前10時から午後4時
内 容【11月29日(木)】()内は担当講師
1 開講式・オリエンテーション
2 蟹江町の現状(蟹江町社会福祉協議会)
3 高齢者の特徴と対応(平野伸明氏)
4 コミュニケーション(井上淳之典氏)

【11月30日(金)】
1 介護保険制度の理解(蟹江町社会福祉協議会)
2 認知症サポーター養成講座「認知症の理解」
  (キャラバンメイト)
3 緊急時の対応(蟹江消防署)
4 生活支援・心得(黒田敬氏)
5 ボランティア活動について(蟹江町社会福祉協議会)
6 コミュニティサービスについて
  (かにえまるごとサポートセンター)
7 修了式・サポーター登録会
会 場蟹江町産業文化会館 3階 会議室1~3
定 員40名
受講料無料
申込期限11月21日(水)まで
※定員になり次第締め切ります
その他・かにまるサポーターになるにはこの講座の受講が必要です。
・修了には全2日間の日程すべての出席が必要です。
問合せ蟹江町社会福祉協議会 かにえまるごとサポートセンター
TEL:(0567)96-2940

受付を締め切りました。

この夏、ボランティアで新たな一歩を!

蟹江町社会福祉協議会では、夏休みを利用してボランティア体験学習を開催します。
この夏休みに、ボランティア体験を通して新たな一歩を踏み出してみませんか。

実施日★ボランティア研修会(必須・1日選択)
8月8日(水)・8月9日(木)
★体験学習(1日選択)
8月16日(木)、17日(金)、21日(火)、22日(水)、23日(木)
場  所下記の中で1施設

①カリヨンの郷・須成(デイサービス)
②カリヨンの郷・新千秋(デイサービス)
③セーヌ蟹江(デイケア)
④蟹江町立保育所(6ヶ所)
⑤ふれ愛サロンの会
⑥東大海用ふれあいサロン
⑦駅前団地つどいサロン
対象者蟹江町在住の中学生及び高校生
募集人員200名

①カリヨンの郷・須成10名(各日2名×5日)
②カリヨンの郷・新千秋10名(各日2名×5日)
③セーヌ蟹江10名(各日2名×5日)
④蟹江町立保育所150名(各日5名×6保育所×5日)
⑤ふれ愛サロンの会(各日4名×2日{17日・21日})
⑥東大海用ふれあいサロン(4名×1日{17日})
⑦駅前団地つどいサロン(各日4名×2日{21日・23日})

※定員を超えた場合は、本会で抽選することがあります。
参加費無料(ボランティア活動保険料は本会が負担します)
締  切7月13日(金)
その他・昼食は各自で準備してください。
・昼食のお願いできる施設もあります。
・希望する場合は参加費とは別に費用がかかります。
  カリヨンの郷 400円
  セーヌ蟹江 432円
・体験学習が終了したら本会に感想文を提出していただきます。

ファイルイメージ

体験施設一覧

ファイルイメージ

申込書


~地域で安心して暮らしていくためにわたしたちができること~

2025年の蟹江町は、総人口が減少、高齢者人口が増加、高齢化率が26.6%になると予想されています。高齢者が多くなり、子供が減り、若い世代が生活に追われがちな
社会の中で、地域で安心して暮らしていくために私たちができることとは何でしょうか。この交流会には助け合いによる生活支援や集いの場の創造など、これからの「わたしたちの地域をつくる」ためのヒントがつまっています。
ぜひご参加ください。

日 時

場 所
〇学戸小学校区
 平成30年10月28日(日)9:30~11:30
 蟹江中央公民館(蟹江町学戸三丁目3)
〇須西小学校区
 平成30年10月28日(日)13:30~15:30
 セーヌ蟹江(蟹江町須成西七丁目90番地1)
〇新蟹江小学校区
 平成30年11月18日(日)13:30~15:30
 カリヨン新千秋(蟹江町新千秋後西33番地)
〇舟入小学校区
 平成30年11月23日(金・祝)9:30~11:30
 舟入公民館(蟹江町舟入三丁目418番地)
〇蟹江小学校区
 平成30年11月23日(金・祝)13:30~15:30
 産業文化会館(蟹江町城一丁目214番地)
講 師塚本鋭裕(つかもととしひろ)氏
定 員各回20名
締 切平成30年10月19日(金) ※定員になり次第締め切ります
参加費無料
その他駐車場に限りがありますので、お近くの場合は自転車や徒歩でお越しください。
後 援愛知県社会福祉協議会
問合せ蟹江町社会福祉協議会 TEL:(0567)96-2940

ファイルイメージ

 ちらし


パラスポーツってどんなもの?

パラスポーツとは、障がいのある人たちを対象としたスポーツのことです。しかし、パラスポーツは障がいのある人たちだけではなく、誰もが一緒に楽しむことができます。誰もが垣根なく楽しむことができるパラスポーツには、様々な境遇にある人たちと協力することで、一つの視点に捉われない幅広い関わり合いを築くことができる魅力があります。
今回はそんなパラスポーツの中でも「車いすバスケットボール」の体験会を行います。講師には名古屋車いすバスケットボールクラブの方々を迎え、専用の車いすの操り方や実際のプレーを体験します。2020年に東京パラリンピックが控える中、関心の高まるパラスポーツをぜひこの機会に体験してみましょう。

開催情報
日 時12月21日(金)午後2時から午後4時
内 容1 車いすバスケットボールについての講話
2 車いすバスケットボールの基礎(体験)
3 車いすバスケットボールのゲームをしよう!
会 場蟹江町体育館
定 員20名
参加費無料
申込期限11月22日(木)まで
※応募者多数の場合抽選、5名以下の場合は中止
対象者町内の小学5年生から中学3年生まで
問合せ蟹江町社会福祉協議会 TEL:(0567)96-2940

ファイルイメージ

募集ちらし